« 悔しい~ | Main | 台風 »

2004.06.20

女の子の喧嘩

 男女差というものはそれなりにあるけれど、個人差を越えるほどのものではない、というのがわたしの感覚です。しかも、女性の特性だなあ、と感じさせるものの多くは後天的に身につけたものかもね、と思ったりもします。
 たとえば、女性にいったん嫌われると修復が極めて困難、なんてのは現実に感じることです。それは、男がいつまでも個人的な感情をひきずていると仕事がしにくい、なんてことで制限されてるだけなのかもしれません。果たしてどれほどのこと(特に心理面)が生物学的な男女差なのか、ってのはよくわからないんですけど、心理学がそうしたことを少しずつでも解明して、それなりに有効である(可能性が高い)処方箋を見いだしてくれることを、科学大好きなわたしとしては期待しています。人間の心理は科学で割り切れるモンじゃない、って感性ももちろんあるんですけどね。
 で、極東ブログさんが面白い研究について教えてくれています。まだ「面白い」って段階だし、日本人に適用できるかどうかはこれからの日本人の研究次第なんでしょうが、とにかく「命の大切さを教える」とか「親が変わらなくちゃ」とか言った具体性の見いだしにくい「掛け声」より、こうした態度のほうが好感持てるなあ。ほんとにちょっとずつの前進でいいから、具体的な行動を。通達一枚では何も変わりません。

 父の日だそうで。ウチの子らにとっては、「父に遊んでもらう日」のようで。うん、それでいい。まだまだそれでいてくれよ~。

|

« 悔しい~ | Main | 台風 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 女の子の喧嘩:

« 悔しい~ | Main | 台風 »